気づかれにくいうつ病の症状であるため自覚がないことも

明るいタイプの人に多い

悩む女性

活発な人に出やすい傾向

大らかな性格でリーダータイプの人の中には、循環気質と呼ばれる特徴を持つ人がいます。物事が自分自身の目から見て順調にいっているうちは機嫌が良く、考えていた通りにいかなくなると動揺してしまう傾向があります。人柄の良さからグループ間のリーダーを任されることが多いのも循環気質の人の特徴で、責任が重くなると気にしやすくなってしまいがちです。いつでも良い人でいようと気を使い過ぎたり、常に明るく振舞っていなくてはいけないというプレッシャーも、うつ病発症の原因となります。頼られているからといって全ての責任を自分で背負おうとせずに、気楽な気持ちで構えると症状が良くなるでしょう。1人で自然が多い公園などをウォーキングする時間を設けるなど、リラックスするように工夫することも有効です。他のうつ傾向のある人と異なり、循環気質の人達は社会生活が順調な人が多いため、症状に気づく時には躁うつ病が進んでいることもあります。精神科や心療内科で素直に悩みを話すことで、気持ちが軽くなり情緒が安定していくでしょう。特定の人間関係が原因で症状を発症している可能性もあるため、責任が重いと感じたら人間関係を変えるなどの工夫も大切です。何事にも積極的に行動出来る気質であるため、すでに社会的な成功を収めているケースも多いですが、地位の維持にこだわらずに自分を休ませてあげると良いでしょう。通院する場合には、会社や学校を休まないで済むように、通いやすい立地にある病院を調べるようにします。自分でも気づかないうちに負担になっていたと感じる趣味などがある場合には、それらを辞めるなどの対策も効果的です。

一見するとうつ病であることが他人から分かりにくい症状の1つが、循環気質です。社交的で大らかな性格の人に現れるのが特徴の循環気質は、明るく他人と接することが出来る傾向にあります。躁うつ病と呼ばれる病気になる手前の状態とも言えるため、循環気質が完全な躁うつ状態になってから気づくケースも多いのも特徴です。他の人に比べて積極性が高く社会的な成功を収めやすい性質でもあるため、自分の性質を把握すれば願いを叶えやすい人生であると言えるでしょう。頼られると嫌とはいえない人柄の良さやリーダータイプの性格から、グループのまとめ役である人も多く見られます。なんでも前向きに捉えて行動力が持続出来るうちは、プロジェクトを成功させたり起業をしたりする人も多いでしょう。予想よりも成果が得られない時が来た場合に、深刻に受け止めずに責任を感じ過ぎなければ病気にならずに済みます。プレッシャーをかけ過ぎなければ一生うつの症状を発症しない場合もあるため、何事に対しても無理をしないことが肝心です。若いうちよりも中年になってから循環気質の傾向が強くなる人もおり、社会的な立場によって左右されやすい気質です。持ち前のリーダーシップを発揮して、周囲の人間を引っ張っていくことを自分の力量の範囲内で行えれば地位は安定しやすくなります。いつでも全力で物事に取り組む傾向がありますが、休日にリラックスタイムを作るなど心を休めることが大切です。他人と接する上では自分とは考え方が異なる人もいるのだと認識して接していくと、より一層人間関係が円滑になります。

熱しやすく冷めやすい

女性 何事にも積極的に取り込み、いつの間にか集団の中でリーダー的存在になっている人達の中には、循環気質と呼ばれる性質の人が見られます。情熱が高いうちは頑張れますが、何かのつまずきがきっかけで躁うつの傾向になる人も多く注意が必要です。

詳しく見る

精神疾患の症状の対処法

カウンセリング 循環気質とは、高揚と抑うつの対極の感情を繰り返す症状のことで、双極性障害の人によく見られます。患者には肥満で親和的な人が多いと言われています。治療には長い時間がかかるので、なるべく早く病院へ行くことが重要です。

詳しく見る

気分を楽にするには

困っている人 循環気質になってしまった場合の仕組みですが、セロトニンが不足している場合や自律神経のバランスが崩れてしまっている場合があります。精神科や心療内科に行った場合の費用は、1回あたり3000円位と考えておけばよいでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 気づかれにくいうつ病の症状であるため自覚がないことも All Rights Reserved.