気づかれにくいうつ病の症状であるため自覚がないことも

気分を楽にするには

困っている人

仕組みとその費用を知る

人間には、様々な性格の人がいます。その中でも、気分が変わりやすい人も少なくないでしょう。さっき会った時と今あった時では全く気分が異なっていることもあります。例えば、さっきは笑顔でいたのに今あったときにはなぜか急激に怒っているような場合です。この状態がひどい状態になると、うつ病の可能性があると言えるでしょう。いわゆる、循環気質と呼ばれるものがこれに該当します。循環気質の場合には、内面でしかわからないものと外に現れるものの2種類があります。例えば、外に現れるものとはあまりにも急激な感情の変化のため精神的に負担がかかり発熱や頭痛そして腹痛になる場合です。この場合は、比較的外部からもその人の状態が分かりやすいためうつ病であることが理解されやすいです。これに対して、内面的にしかうつ病の状態が現れない場合にはなかなか周りに理解されず誤解されてしまう可能性があります。問題はそれだけでなく、自分自身でもうつ病であることを理解していない可能性が高いことです。このような状態から抜け出すためには、うつ病の仕組みをよく理解しておくことが必要でしょう。うつ病の仕組みとしては、いくつかの原因がありますが1つはセロトニンが減少している状態です。セロトニンは、精神面に影響を与える物質になりますが、セロトニンが不足していると精神上のバランスが悪くなることが考えられます。そのため、セロトニンをたくさん取ることが必要でしょう。セロトニンは、朝起きた時太陽を浴びることで分泌され精神的に安定してきます。そのため、朝の30分間は可能な限り太陽のあたる所で過ごすようにしましょう。

循環気質により、精神科や心療内科に通う場合はその費用を気にする人は少なくありません。精神科や心療内科に通う場合には、どれぐらいの費用がかかるかを見ていくと、基本的に健康保険に加入していれば保険が適用されるものです。精神科だから健康保険が適用されたいとの話もありますが、実際には適用されるのが基本です。そのため、治療費の7割は国が負担してくれることになるでしょう。自分自身で出すお金は、治療費の3割程度になるため結果的に1回の治療あたりで3000円位になる傾向があります。ただ、薬等が出ない場合にはもう少し安くなることもありますが、逆に薬が出る場合にはもう少し高くなることもあり得ます。カウンセリングは、先生によって若干費用が異なるところがあります。カウンセリングを行う場合は、1回だけで終わるわけではありませんので、毎回何度もカウンセリングを行っていく必要があります。そのために1回あたり2000円位の支払いが必要になる可能性があります。循環気質でも、比較的表情が軽い場合には半年もしないうちにカウンセリングだけで病気が治るようなことも考えられます。しかし、ある程度病気が重くなってしまうと1年以内に問題を解決することができないと考えた方が良いでしょう。毎日通う必要はありませんが、少なくとも1年ぐらいは毎週通った方が良いです。このように考えると、長期的に見れば費用がずいぶんとかかってしまうことになりますが、それでも病気を治したいと考えるならば真面目に通い続けるのが1番の解決策といえます。

Copyright© 2019 気づかれにくいうつ病の症状であるため自覚がないことも All Rights Reserved.